信頼のある不動産会社

広いエリアの物件を紹介してもらえるようになってきました

これから岡山県内で土地や住宅を購入したいと考えているのであれば、まず信頼できそうな不動産業者探しから始めてみることをおすすめします。一昔前までは、その業者がどれくらいの量の物件情報を有しているかという点に着目して産業者選びをする人が大半でしたが、現在ではそのような点をあまり気にする必要がなくなってきています。なぜかというと、不動産業者間で物件情報を共有するシステムが確立されているためです。昔は、それぞれの不動産業者が自分のところに持ち込まれた物件の情報を表に出さずに抱え込んでいました。そのため、気に入った物件に出会えるまで、何軒もの業者を渡り歩く必要がありました。しかし、現在は情報共有システムがありますので、岡山県内はもちろんのこと、岡山県外の物件情報も紹介してもらうことができます。ですから、保有している物件情報の量ではなく、業者の接客態度等を見て、この業者ならば信頼できるという業者に物件の仲介を依頼するようにするのが一番です。

柔軟な対応をしてくれる業者が増えるだろうと予想されています

バブル期の頃は投機目的で不動産を購入する人が大勢いましたが、土地神話が崩れ去ってしまった今となっては、投機目的で土地等を購入する人がほとんどいなくなりました。個人客の場合であれば、自分自身が住むための物件を探す人が大半となっていますので、バブル期に比べると取引量が激減しています。不動産業者は取引の仲介をし、その手数料を得ることによって経営を維持しています。ですので、取引量自体が減ってしまったことは、はっきり言って大打撃になっています。岡山県内で営業している不動産業者も同業他社との競争が激しくなっているため、どの業者もサービス内容の拡充に余年がありません。利用する客の立場からすれば、仲介手数料を安くしてもらえるのが一番ありがたいのですが、そうすると業者自身が潰れてしまう可能性が出てきますので、手数料を簡単に値引きするわけにはいきません。その変わり、他社との差別化を強化するために、柔軟な対応を心がける業者が多くなってきています。今後も当分は不動産の急激な値上がりなど期待できませんので、サービス内容の向上によって集客を図る業者が増えるだろうと予想されています。